財産分与について

財産分与という言葉を、夫婦の離婚問題などで聞いた事があるかもしれませんが、どのような事を言うのでしょうか。
これは、婚姻生活中に夫婦で協力して築き上げてきた財産を、離婚の際にそれぞれの貢献度に応じて分配する事を言います。
これは法律でも定められている事で、離婚の際には相手方に対して財産の分与を請求する事が出来るとされています。
また、離婚問題の中でも特に揉める事が多い事柄ですので、欲しい財産の優先順位をつけて、時には妥協をしつつ、離婚をしたり、離婚をする予定の夫婦には辛い面もあるかもしれませんが、最後までしっかりと話し合うことが大切です。浮気の親権問題はこちら
この財産の対象となるものは、貯金などの現金だけではなく、株券などの有価証券や、土地や建物などといった不動産、洗濯機などの家具・家電、厚生年金や退職金なども対象になっています。
たとえ購入したときの名義が夫婦どちらかのものになってるとしても、分与の対象となります。
中でも夫名義で購入している可能性がある大きなものとしては、家の購入かと思いますが、夫名義で購入している場合であっても、財産の分与対象となっていますので、妻側にも分与の権利があるという事を知っておきたいポイントとなるのではないでしょうか。
上記とは違い、分与の対象にならないものとしては、結婚前に個人で貯めていた貯金や、個人で購入した株券、自分の親から相続した財産など、夫婦で得たものとはみなされないものは分与の対象にはなりません。
裁判で争う離婚であるといった事が無ければ、どのように分けるのかといった事は、基本的には夫婦間で自由に決める事が出来ます。

ふきのとう