法定相続分

相続分とは、数人の相続人が相続財産を承継する場合に各相続人が承継する割合のことです。被相続人の意思によって決定される指定相続分と、被相続人による相続分の指定がない場合に民法の規定によって定まる法定相続分があります。民法による相続分は共同相続人の種類によって異なります。配偶者と子が共同相続人である場合、配偶者の相続分は2分の1で、子は2分の1です。子が数人いれば、全員でその2分の1を均分することになります。配偶者と直系尊属が相続人である場合、配偶者は3分の2、直系尊属は3分の1です。同親等の者は均等の相続分を受けます。配偶者と兄弟姉妹が相続人であるときは配偶者は4分の3、兄弟姉妹は4分の1です。兄弟姉妹が数人あるときは、各自の相続分は均等ですが、父母の一方のみを同じくする半血の兄弟姉妹は、父母の双方を同じくする全血の兄弟姉妹の相続分の2分の1です。代襲相続とは、被相続人の死亡以前に相続人となるべき子、兄弟姉妹が死亡、廃除、欠格事由があるために相続権を失ったときに発生します。その者の直系卑属が代わって、その者の受けるはずであった相続分を相続します。代襲相続人の相続分は、被代襲者の相続分と同じです。
ひまわり

コメント