法定相続分って?

亡くなった方である被相続人が、遺言を残していない場合には、民法によって誰が相続人になるのか、その相続人が受け継ぐ相続分について、財産をどのように分けるのが一番良いのか、というのが定められています。
これを法定分割と言いますが、それによって分けられた法定相続人の取り分のことを「法定相続分」と言います。
必ずしもその割合で遺産を分割をする必要はありませんが、相続税額を求める時、相続人同士の話し合いで合意しない場合などの、法律上での目安となりますので、理解しておくと良いと思います。
各法定相続人の取り分は次のようになります。
被相続人に、直系卑属(ひぞく)である子や孫、直系尊属(そんぞく)である父母や祖父母、甥や姪を含む兄弟姉妹が居ない場合や、すでに相続開始前に全員死亡している場合には、配偶者がすべての相続分を取得することになります。
配偶者と第1順位である子が相続人の場合、配偶者が2分の1、子供(2人以上の時は全員で)2分の1となります。
配偶者と第2順位である直系尊属が相続人である場合は、配偶者が3分の2、直系尊属(2人以上の時は全員で)3分の1となります。
配偶者と第3順位である兄弟姉妹が相続人である場合には、配偶者が4分の3、兄弟姉妹(2人以上の時は全員で)4分の1となります。
子供や直系尊属、兄弟姉妹などがそれぞれ2人以上居る場合には、原則として均等に分けられます。
アイランド05

コメント