積極財産(プラス財産)

被相続人の死亡により、相続が開始され、全ての相続財産の権利・義務が法定相続人に相続されます。 相続財産には、プラスの財産も有れば、マイナスの財産(借金)もありますので、借金の方が多い場合に、全てを引き継ぐとなると法定相続人は大変です。 そこで民法は法定相続人に、相続の放棄や、プラスの財産が多い場合の範囲内において、財産を引き継ぐ限定承認を認めています。 プラスの財産とは積極財産といい、法定相続人が躊躇うことなく受け取ってよい財産で、遺産分割の対象となる財産のことです。 どのような種類があるのか、主なものを列記しますと、1)現金・預貯金2)不動産3)株式・公社債4)損害賠償請求権5)動産(自動車・家財・貴金属・絵画・骨董品)5)農地・山林6)特許権7)退職金8)生命保険金9)電話加入権10)借地権・借家権11)ゴルフ会員権等が含まれます。 遺産分割の対象とならない相続財産とは、1)形見分け、故人が長年愛用していた品物、着用していた衣服など、故人をしのぶ形見分け、2)祭祀財産、系譜・祭具・墳墓はその特殊性から相続財産には含まれず、独自の承継方法が規定されています。3)香典、香典は祭祀主催者や遺族に贈与されると解釈されます。以上は遺産分割の対象とならない財産です。
空-虹

コメント