相続できない財産

亡くなった人の財産を特定の人に受け継がせることを相続と言います。 財産と言うと、お金や不動産などをイメージしますが、財産と言っても相続出来る財産上の地位であり、お金や不動産だけではありません。

相続は、法律上の規定、亡くなった人の遺言などにより、特定の人に受け継がせることが可能になっています。

しかし、相続できない財産と言うものもあります。

相続されないものには、一身の専属のものが在ります。

これは一身専属権と呼ばれるもので、身元保証債務、死亡退職金、年金受給権、香典、土地家屋調査士資格、公営住宅入居の使用権、生活保護受給権などであり、これらは全て一身の専属の権利であることからも相続できない財産になります。

相続が開始されることで、被相続人の財産に属している一切の権利と言うものが相続人に対し継承されることになりますが、この時先ほど説明を行った一身の専属の権利は除かれるのです。

年金受給権などのような一身の専属の権利というものは、被相続人のみに帰属するものであり、相続人に対する権利は有りません。

尚、相続可能な財産と言うのは、被相続人に属した一切の権利義務であり、被相続人が残した全財産、財産上の法律関係などについては継承可能となります。

コメント