相続できる財産

相続は亡くなった方から財産を受け継ぐことですが、全ての財産を相続できるわけではありません。相続できるものできないものが存在します。ちなみにこの相続できる財産、遺産のことは被相続人の財産に属した権利義務とされています。まず借地権及び借家権は基本的には相続できる対象となっています。しかし公営住宅法が適用される住宅については場合によってはその権利が発生しないことがあります。そして会社の場合には株式の相続は出来ますが会社そのものの相続は出来ません。しかしもし亡くなった方が個人事業の営業をしていた場合には事業用のものは全て相続財産と出来るので相続人が相続することになります。また保証人の立場も基本的には相続しますが、包括的信用保証及び身元証明人といった地位は相続されません。そして死亡したということで生命保険や死亡保険といったものが気になるかと思われますが、こちらはその受取人が法的に指定されている場合には相続の対象となりません。同様に遺族厚生年金も相続財産となりません。それとこちらは一般ではあまり気にしないものではありますが、祭祀を営む家系の場合にはその祭祀をするための財産に関しては承継とされ、相続ではないので相続財産とはなりません。それと葬儀で香典がありますが、こちらも性質として相続財産となっていません。
海01

コメント