借金も相続するのか

相続については、色々頭を悩ませる人も多いことでしょう。特に税金については、相続財産にもよりけりですが、多額になるケースもあります。大きな負担となるため、できるだけ軽減したいと思うのが、通常でしょう。しかし、それ以上に気になるのが、借金ではないでしょうか。負の遺産として考えられますが、果たして相続対象となるのでしょうか?結論から言えば、そうなります。たとえ負の遺産であろうと、相続財産に含まれます。ただし、相続する人にも権利があり、意思表示とともに正式な手続きをすることで、放棄することも可能です。ならば、相続の形には、どのよなものがあるのでしょうか?それには、大きく分けて、二つのものがあります。一つは、限定承認です。これは、正の遺産を引き継ぐことを意味し、負の遺産を承継しないようにすることです。もう一つが、単純承認です。これは、遺産全体を引き継ぐもので、正負ともども含めるものです。いずれも、家庭裁判所の許可が必要であり、相続権が発生すると知った時から3ヶ月以内となっています。また、相続放棄や実質の放棄などの方法もあります。それについては、法律専門家などに尋ね、きちんとした形で承継を済ませるべきでしょう。なお、誰も負の遺産を引き継がない場合、どのようになるのか、気になるかもしれません。これは、担保権の実行に似たようような方法をとります。すなわち、競売に掛けられ、債権者に分配金が渡される形となります。
海04

コメント