消極財産(マイナス財産)

相続される財産というのは何も相続人に利益となるものばかりではありません。時には相続することによりマイナスになる財産もあります、これを消極財産といいます。このマイナスの財産というのは基本的には借金が一番分かりやすく事例としても多いものです。当然相続人となったからにはこれもプラスの財産と一緒に相続しなければなりません。ちなみにこうした相続の際に遺産分割として財産を遺族で分割するということがありますが、その際に相続人となっていない場合にはこうしたマイナスの遺産を相続する義務はないので、遺産分割協議に関してはマイナスの財産のことは考えずに行われることになります。ただ、相続人同士で分割の協議をすること事態は有効となっています。このマイナスの財産も相続を放棄すれば受け継ぐことはありません、しかしそうするともちろんプラスの財産も相続ではないことになってしまいます。なのでプラスに関してマイナスの方が多い場合の時には相続の放棄をした方がいいでしょう。その際にはどちらの財産が多いのかをしっかりと確認をして判断する必要が出てきます。ちなみに相続をすると相続税が発生しますが、こうしたマイナスの財産がある場合には債務控除で差し引くことができるので、マイナス分が多ければ申告と納付の必要がなくなる場合があります。

コメント